内田秀継の研究のページ

英語発音矯正教室DISCORING SOUNDSさんとコラボ企画

トレーニング3日目

3日目は、主に以下のことをしました。

  • r+母音の発音法
  • th+母音/母音+thの発音法
  • 喉ポンプ体操
  • シュアー+rを含む単語の発音法
  • N字発声法
  • r+母音の発音法

    r+母音は、舌を巻くrの形を作ったあと、顎を下げ舌を振り下ろし母音につなげます。顎カクカク体操と舌の振り下ろし体操レベル2を組み合わせます。

    th+母音/母音+thの発音法

    th+母音は、thの状態から母音につなげます。この時、thの音から母音に移るとき舌に余計な力が入ってしまわないように注意しながら練習しました。

    喉ポンプ体操

    とても独特な練習でした。喉を鳴らす練習をするのですが、今の段階では、その音が英語の発音とどのように関わるかよく分かりません。

    シュアー+rを含む単語の発音法

    シュアーとは、あいまい母音と言われるものです(音素記号ではeを上下反転した記号)。シュアー+rの発音では、先行する音の調音の直後に引くrの発音をします。

    N字発声法

    母音タメゼハ体操とリバースアクビ体操を組み合わせて、母音の音高を上げて下げてまた上げるという練習をしました。このN字発声に従って、二重母音や母音+rの練習もしました。

    感想

    今回新たに登場した喉ポンプ・N字発声法はどちらもとても難しかったです。喉ポンプは主に喉と軟口蓋と運動になります。軟口蓋は、鼻に空気が抜けるのをコントロールする役目があるのですが、これを自分の意志で動かすのはなかなか大変です。N字発声法も、喉をコントロールして日本語にはあまり見られないような音の高低を実現しなければならず苦戦しました。発音と言えば舌や唇の運動に注目しがちですが、他の要素も重要であり、また身につけるのが大変であると感じました。